So-net無料ブログ作成

α沼GO!(1)こんにちはα7RⅡ [ー2018パソコン・AV・カメラ]

物欲も日本経済を支える立派な活動なれば、
オレは国民の鏡としてトップランナーでありたい!(?)

 [ BGM:Casiopea - Wonder Quest

あの日yumeoさんのフィルムカメラを見て、
また愉しく向き合う様子に刺激され、
ちょっとカメラ熱にうなされてしまった。
『minolta 7s 』・・・非常に気になる。

33.JPG

オレの主使用はマイクロフォーサーズの、
OM-D EM1、E-PL7、GX8だが、
忘れちゃならんフルサイズのSONY α7R。
やっぱ、いつかは・・・フルサイズ (`へ´)フンッ

SONYのカメラはminoltaからの移譲なので、
「α」も、エース級の「7」も昔から燦然と煌めくのだ。
ゆえにそのyumeoさんカメラに縁をビビッと。

さてデジタル全盛現在のα7シリーズは2年前に、
手振れ補正が搭載された第2世代に入ったが、
その破格の価格に驚き、全く視界から外れていた。

94.JPG

また発売当時はレンズが少なかったが、
ここ5年でラインナップは充実し、
用途とレベルに合わせて選べる環境となった。

95.JPG

そして爆速連写のα9が登場し、
昨年末は7も第3世代のα7RⅢが発売!
ミラーレスもいよいよ一眼レフに並んだか?
そして間もなくスタンダード機ながら、
連写10枚のα7Ⅲも発売される。くうっ。

96.JPG

そんなことからⅡからⅢへ買い換えが多いのか、
中古市場にⅡがドンドン出てはガンガンはける、
かつ3月決算期も重なり回転は盛況な様子だ。
α7RⅡの発売当初は約45万円だったのが、
実用問題無しのB品で約12、3万円で出回っている。
(あ~市場経済原理にクラクラ・・・(>o<))

そこでしっかりとその波に乗り~ノ (^_-)♪
α7Rを入れ替えよう=売ってしまおう d(^^)

81.JPG

ノーマルのフジツボ・フードを嫌い、
ライカ風フードで気に入っていた35F2.8もさらば。

82.JPG

やはり原資が足らないので、
現在主力のマイクロフォーサーズ群も見直す。
標準50mm=25F1.2も出番が少ないのでさらば。

83.JPG

84.JPG

キレキレでヒッジョーに良いレンズだったのだが、
悩んだ末に同じ距離のNOKTON25F0.95を残す。
こいつのモノ感、存在感、所有欲は堪らん。
何と云っても人間の目より明るい驚愕のF0.95!

85.JPG

さて1日するとガラリと変わる市場において、
手に汗握る争奪戦の様相で吟味と決断。
「あ、無くなっている!」
「うん、コレがイイかも!あ、売切れ!」
「よし、コレだ!おりゃ~!」

やがて数日後、汗と涙と寝不足のゲロの、
辛い成果を背景にα7RⅡは出羽国にお国入り~♪

87.JPG

88.JPG

使い難かったシャッターボタン位置ヨシ!
全体的に操作系は扱いやすいかも。

92.JPG

α7Rのお気に入りストラップはそのまま愛用。
 → サークル・Wバックル [203CameraStraps]
柔らかくしっとりした装着感がイイヾ(^v^)k

89.JPG

ただしボディスーツはサイズが異なるので不可。
これもお気に入りだったが仕方なし (゚´Д`゚)

90.JPG

んで、これしか無いの?のULYSSES製でヨシ!

91.JPG

4200万画素もマイPCには苦にならぬであろう、
こんな日のための爆速Ryzenだったのサ。
備えあればチャンスあり、ネ (^_-)☆

93.JPG

さて・・・結局レンズねーな (-_-)


α沼の深淵、レンズ沼はすぐそこに。
(キミも気になる物欲シリーズの開幕~ヾ(^v^)k
 んで、どんな写真を撮るかは・・・後日 <(_ _)>)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント