So-net無料ブログ作成

オレのライカ(3)Leica C-LUX [2019-パソコン・AV・カメラ]

高画質コンパクト機RX100Ⅲが被災したので、
その後継を物色しはや幾年月・・・( ̄∇ ̄)ウッソ~
今度こそモノホンときめくライカだ v(^o^)
 → 被災・・・RX100Ⅲ
 → オレのライカ(1) (2)
 → Leica C-LUX(公式ホームページ)

51.JPG

息を潜めて心静かに・・・開封の儀。

52.JPG

53.JPG

54.JPG

箱やパッケージ類は厳重に保管しておきませう。
世の中、何があるか判らないので d ( ̄∇ ̄)

55.JPG

ストラップはRXⅢでも好評だった、
レザーのフィンガーストラップを。

57.JPG

58.JPG

栄光の赤バッジに+数万円・・・ (^0^;)
実はコレはパナソニックのOEMで、
TX2がベースなのだが、
デザインと質感は圧倒的かな。

63.JPG

メニュー画面も " ライカ ” と吠える!
所有欲は確実に満たされる (*^_^*)

64.JPG

レンズはライカDCバリオ・エルマーF3.3-6.4
今時開放はF1.8か2.8だが妥協はしないとね。
高倍率 24~360mm相当(35mm判換算)の、
ワーキングディスタンスの広さが魅力だ。

61.JPG

62.JPG

ビューファインダー必須!

70.JPG

もちろんフラッシュも!

71.JPG

ライカらしいと云うか何というか、
アコースティックなメニューに期待。

72.JPG

数種類のモノクロモードが嬉しい。

73.JPG

ラフモノクロームの撮影例。

74.JPG

高機能で使い切れないが、
最近ハマっている多重露出だ。

75.JPG

76.JPG

多重露出(二重)の撮影例。
アイデアとセンスが問われる (^^)

77.JPG

被災したRXⅢの教訓からカバーを考える。
特に軍艦部の操作系等を守りたいのだが。
 → レザー製専用プロテクター

68.JPG

ゴツくなるとポケットに入れにくいは困る。
そこで常時肩掛けならば、そもそも、
α7RⅡOM-D EM-1の大型機にするので。

69.JPG

この好みの角デザインが隠れるは惜しいので、
コンパクト機のカバーは熟考課題とす。

65.JPG

まずは旅のお供でこれからよろしく!
お気に入りのアイテムに囲まれて、
今日も精神衛生視界良好で気分上々 (^_-)☆

60.JPG

・・・が、どこか一抹、
パナソニックのOEM感が、
完全に払拭できず、
「これでライカかぁ?」
とモヤモヤ感があるのも、
実は正直なところだ・・・(-_-)ウーム

やっぱ、Mシステム
いやいや、この辺で抑えろ!
これ以上は完全水没域だ!
つーか貧乏人は行けまセ~ン (*^o^*)





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント