So-net無料ブログ作成
2019-パソコン・AV・カメラ ブログトップ
- | 次の10件

ZEISS IKON SW + Biogon 21 F2.8 [2019-パソコン・AV・カメラ]

オレのクラシックカメラに求める外観。
 1)レンジファインダーカメラ
 2)外付けビューファインダー
 3)角形レンズフード
 4)レザーストラップ

21.JPG

熱狂的なカールツァイス信者だから、
危険水域にどっぷりつかるのみ。

22.JPG

昨秋から張り込んで、
ようやく見っけのゲット。
もちろんシルバー筐体で、
仕様も望むSW(Super Wide:超広角)だ。

23.JPG

栄光の青バッチ ヾ(^v^)k

24.JPG

レンズもツァイスで統一せねば!
超高価な15mmF2.8は問題外。
では18mmF4が欲しかったが、
見つからぬ模様で諦めて21mmだが、
これも探した探した (^0^;)

26.JPG

マウントアダプターでα7でも使えるし。

27.JPG

ちょっと細長ニョロンだが・・・(^_^;)

28.JPG

29.JPG

基本形完成ガッチャーン!

30.JPG

さて探した角形フードは、
大きすぎる大袈裟な箱で箱入り娘?

32.JPG

33.JPG

これも張り込んで拉致した、
外付けビューファインダー。
同じく青バッチにうっとり (*^_^*)

35.JPG

細めでシンプルなレザーストラップを。

36.JPG

求める理想の容姿に惚れ惚れ (^_-)☆

37.JPG

レンジファインダーカメラの、
最終完成形で名機と噂高き逸品が、
山形県の山奥へ隕石の如く落下!
ドッカン祭り ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノ

38.JPG

さて果たして写るのか試写確認だ。
例の事件で冷や汗をかいたが (--#)

31.JPG

業務用400なればこんな画質なのか。

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

実際の撮影は、
パンフォーカスのノーファインダーで、
露出はアンダー気味にテキトーに。
ま、立ち位置として、
気分転換のフィルムカメラなればヨシだ。

37.JPG

ちなみに、その事件時のモノクロ。

38.JPG

これはこれで全く悪くないが、
一体何だったんだ?(~_~;)

39.JPG

まずは、この危険なスタイルに、
今宵も酔いまくり ~(*^o^*)~♪

39.JPG

物欲が明日の活力源ですよね (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

BDドライブ交換 P→HL社 [2019-パソコン・AV・カメラ]


晴天時はアウトな仕事も気持ち好いが、
インドアも意欲的になったりする。

41.JPG

そこでいよいよ、不満であった、
メインPCのBDドライブ交換だ。

43.JPG

書込品質が評判で、
安心の国産メーカーと思いきや、
実はとんでもない欠陥品で、
ネットでもクソミソな低評価であった。
こんな大手メーカーが設計ミス?
我慢して使い続けてきたが、
も~毎度のイライラに耐えられん!

44.JPG

交換自体は非常に楽ちん。
背後のケーブル2本を外し、
抑えガイドをパチンとすれば可能だ。

45.JPG

46.JPG

交換品は選択肢が少ないが、
連日昼夜の研究の結果、
舶来品でも大丈夫のようなので。

47.JPG

精悍な顔に騙された。
地味でもしっかり者がヨシ (*^_^*)

48.JPG

ん、問題ナッシン ヾ(^v^)k

49.JPG

使えば使えるが、
保管していても使わないだろう。
「余った部品でもう一台」は、
PC自作のあるあるだが・・・。
ちなみに交換し続けると、
やがて以前のマシンが組上がる=
テセウスの船 PC編 ~(^^)~

50.JPG

しかし内部で派手に、
ピカピカと光を放つゲーミング仕様は、
黒フタで壁際なれば普段は全く視界に入らない。
「一生懸命にアピールしているのに、
 誰も気付いてくれない・・・(×_×)」
これも " 人生あるある ” かも。
人は身を置く環境も大事だ!なんて。

51.JPG

さて、いよいよ片付けるか。
九十九匠会長から借りたMusicたちを、
PCに取り込むのだ。
(面倒くさく長期放置だったゆえに、
 心配していたブックオフへは、
 同行しませんでしたよ・・・( ̄∇ ̄)ホホホ )

53.JPG

そのためのドライブ交換であったのだ。

54.JPG

取り込み、エンコード速し!
Ryzenパワー炸裂 ヾ(^v^)k
その合間にウインドーショッピング

55.JPG

実はその先は、愛車で使用していた、
死亡したiPodを新規交換したいのだ。
旧世代の第5=2012年頃の製品だが、
まだ売っているので助かる。
ちなみに人気の無い黄色は3000円安かった。

57.JPG

愛車へUSB接続で、
ジュークボックス代わりとしているのだ。
まずはUSB充電ドッグで。
(世の中USB充電ばかりで毎晩賑やか)

58.JPG

実はiTuneもプレイリストが死亡中で、
新規に作り直しだが、
それも膨大な時間を要し、
かなりカッタるいがガンバろう。

59.JPG

しかしCD取り込みエンコード中に、
ついでにカット録音も同時にやるが、
全くストレスの無い進化に感謝。
(PCでCDを再生するだけで、
 驚かれた時代を生きたオレ様には、
 夢のような時代かも (*^o^*) )

60.JPG

やはり晴天時は気持ち好しの、
デジタルライフなりけり~ヾ(^v^)k

42.JPG





nice!(0)  コメント(2) 

フィルム現像でビックリこいた~(~_~;) [2019-パソコン・AV・カメラ]

新たにフィルムカメラ2台ゲットしたので、
試し撮りの現像を頼んだら・・・

「モノクロでしたよ」

・・・何と!カラーフィルムなのに、
モノクロでCD書込みとのこと (゚o゚;!

91.JPG

「フィルムカメラでも、
 カラーをモノクロに出来る、
 モードのカメラってあるんです」
「・・・・・・?????(@@;)」

怪しいコメントに納得がゆかず、
後日他所の量販店で調べてもらう。

92.JPG

しっかりとカラーでした。

20.jpg

ビックリこいた~(~_~;)
カメラやフィルムの写り以前の問題だ。

漂流しがちな田舎のひとコマ。
先が思いやれる・・・(゚´Д`゚);;;


nice!(0)  コメント(0) 

モノクロ写真のお勉強 [2019-パソコン・AV・カメラ]

yumeoさん先生の影響だ (^^)

13.JPG

東京でのモノクロ写真は好かった!
そこで本格的に書籍でお勉強だが、
総論、技術論アレコレが刺激になる。

P1120001.JPG

でも・・・、
モノクロ写真はライカでないとダメみたい。
( ※ 諸説あります)
→ いつかは欲しい憧れのLEICA でも一体何が凄いの ...

P1040011.JPG

まずは良い写真をたくさん観るべし。
んで頭でっかちにならず、
愉し、んモォ~♪

14.JPG


美しいモノクロフォトの作り方 (玄光社MOOK)

美しいモノクロフォトの作り方 (玄光社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2014/04/30
  • メディア: ムック



デジタルモノクロ撮影完全マスター (Gakken Camera Mook)

デジタルモノクロ撮影完全マスター (Gakken Camera Mook)

  • 作者: 谷口泉
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2014/10/02
  • メディア: ムック



モノクロ写真塾―モノトーンの表現力と黒白写真の魅力を再発見する (日本カメラMOOK)

モノクロ写真塾―モノトーンの表現力と黒白写真の魅力を再発見する (日本カメラMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本カメラ社
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 単行本



ライカとモノクロの日々 エイ文庫

ライカとモノクロの日々 エイ文庫

  • 作者: 内田 ユキオ
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

オレのライカ(2)MINOX DCC Leica M3 [2019-パソコン・AV・カメラ]

今度こそはライカ!
どーよ、このM3顔 (*^_^*)

10.JPG

な~んて、
あのスパイカメラで有名なミノックスだ。

11.JPG

→ クラシックカメラ銘々伝 ミノックス秘話
→ ミノックス(公式HP)
→ 日本代理店(ケンコーHP)

12.jpg

ミノックスDCCライカM3
(500万画素バージョン、2007年1月25日発売)
ライカM3を縮小した形状。
前から見た時右下にある丸い赤シールの数字が5.0。
4GBまでのSDメモリーカードが使用できる。
レンズはミノクター(Minoctar )8.7mmF3.0。

13.JPG

それらしい凝った作りで、
一応巻き上げレバーも動く。

14.JPG

17.JPG

16.JPG

チープ感香る中華書体もヨシ。

18.JPG

内蔵32MBメモリは、
最高サイズで約30枚撮影可能。
足りない場合のSDカードスロット。

19.JPG

PCとはUSBケーブルで。

20.JPG

そのケーブル先にアダプターを付けて、
100V充電可能も楽チン。

21.JPG

とにかく小さくて軽い。
ホントおもちゃ。
これで写るのか?と。

24.JPG

スパイカメラとは言ったもんだ。

25.JPG

さて撮影例。
リサイズとクルマ№消しのみで。

31.JPG

500万画素はまんざらではないか。

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

ホワイトバランス変更可能も、
このカメラに必要かとも思う (-_-)?

38.JPG

近接は苦手=自撮りはボケて逆にイイ?

39.JPG

まずはこのモノ感素晴らしい!

41.JPG

うっとりするぜ ヾ(^v^)k
ライカではないがライカ気分満喫。

23.JPG

明らかに違う「ライカ」。
そもそもこの商標名って判らん。

本物への道は遠い・・・(-_-)


nice!(0)  コメント(0) 

オレのライカ(1)Leica C-LUX2 [2019-パソコン・AV・カメラ]

いつかはライカがここに!
栄光の赤バッジよ v(`へ´)

51.JPG

つー、かなり昔のコンパクト機。
思いっ切りPANAのOEMで、
PANAのFXシリーズの兄弟機だ。

52.JPG

エルマリートレンズで勘弁してあげよう。

53.JPG

名刺サイズの小ささがイイ。

54.JPG

ライカらしくモノクロモードにしてて、
緊急用にカバンに忍ばせている。
ほとんど忘れ去られているが (^_-)
これが「ライカ」か?
つーと違うんだが・・・(~_~;)

55.JPG

主力 SONY RX100Ⅲ と記念撮影。

56.JPG

ん・・・その横の小さいのは?   (つづく


nice!(0)  コメント(0) 

東京散策2018冬(3)T3でモノクロ [2019-パソコン・AV・カメラ]

  [ BGM:だって東京なんだもん (^o^)

さて、その年末の東京旅行の時。
→ 東京散策2018冬(1) (2)

フルマニュアルの Rollei 35SE での、
大都会遠征は大変なので、
知り合いのカメラ好きのオッちゃんに、
名機 CONTAX T3 を借りていったのだ。
(根性無しなので (^_-)☆ )
ではモノクロフィルムでどうだろう?

20.JPG

以下はリサイズ、縦横変換のみで、
絵自体への補正は無しで。

まずは・・・FUJI ACRS 100

21.JPG

22.JPG

23.JPG

24.JPG

25.JPG

26.JPG

次は・・・KODAK 400TX

31.JPG

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

39.JPG

40.JPG

41.JPG

東京から帰ったら、
フィルムは東京大田区のラボへ行き、
受取りもルーズなれば早1ヶ月
撮った時を忘れたぜ・・・(^_^;)

42.JPG

フィルムの違いがどうだ?
結論・・・オレにはよく判らん (~_~;)

43.JPG

単純にモノクロ表現を愉しんでいる。
よく判らんがイイでイイっしょ d(^^)

44.JPG

結局デジタル変換なれば、
トーンカーブをいじりたい欲求を、
グッと抑え、ハァハァハァ (~_~;)

45.JPG

今回のお気に入りは、
地下鉄ホームのピンボケ写真だ。


さ~て、次はどこへイク?(^o^)

nice!(0)  コメント(0) 

近くに写真の巨匠が! [2019-パソコン・AV・カメラ]


先日写真で摩訶不思議なことに遭遇し、
駅前のプロ先輩のところへ相談に行き、
対応等をご教示いただいた。

また、あれこれな写真談義に花が咲き、
愉しい時間を過ごさせて貰ったが、
そんな中で教えていただいた。

「坂町に凄い白鳥写真を撮る、
 写真家がいるんだよ、知ってる?」

Facebookページで写真を見せられると、
その躍動感溢れる見たことのない、
抽象的な表現に度肝を抜かれた (゚o゚;
→ まばたきよりも速い一瞬を閉じ込める!白鳥に魅せられた写真 ...
→ 内山写真館(新潟県村上市藤沢)



我が家から、わずか30km、35分の所、
あのいつも通る坂町地内に、
そんな凄い方がいらっしゃったとは!

写真好きの刺激に、
その方の写真を追いかけたいと思ったが、
特に公式HPも無いようなので、
ここは「友達リクエスト」しかない!
と一念発起しメッセージを添えて、
リクエストボタンを押してしまった。
(オレみたいなトーシロが、
 そんな巨匠へ気軽に声掛け=
 =身の程知らずで如何なものか、
 いつも気後れするのだが・・・ (~_~;) )

すると数時間後返信が来た!

「リクエストありがとうございます!( ◠‿◠ )
 小国はとても近いから別の県のようには、
 坂町の私には感じないです!
 今はパリにいますが、
 坂町の店にも寄ってください!^_^」

おおっ!嬉しいご承認に安堵 ヾ(^v^)k
しかもパリからですか!(^_^;)
では甘えてそのうちお店へ伺おう。
で、どーせお邪魔するなら、ついでに・・・♪
と早速訪問案が閃いていたりする。

こんなオレが・・・のドキドキ感と
わくわく感が堪らないかも。
もちろん紹介してくれた、
プロ先輩にも感謝しなくては <(_ _)>

まずは 今日も脳内薔薇色万歳 ♪


しかし、その白鳥撮影地も近い。
村上市岩船町に嫁いでいる妹の所の近くで、
ここもよく通る場所なので、う~む。
撮影現場に出会えるかも (^^)


また蛇足だが、
近くには新潟リハビリテーション大学があり、
あのメンタリストDaiGoが特任教授だ。
こちらも、ひょっとして出会えるかも (^^)
んでカードバトルして欲しいかも。

やっぱり 脳内薔薇色万歳 ♪


nice!(0)  コメント(0) 

地元でフィルム現像出来た! [2019-パソコン・AV・カメラ]

フィルムカメラを意識していない時には、
視界に入らなかった=気付かなかったが、
実は町内ど真ん中で現像出来たと。


モノクロ写真を撮ってみたので、
早速嬉々と現像をお願いしたら・・・

46.JPG

・・・モノクロはここでは出来ないので、
東京へ出すので1週間程度とのこと!
(ここではカラーは直ぐに現像可、
 CDにも焼ける・・・がだ (~_~;) )

47.JPG

入荷連絡が無かった?ことと、
年末年始のドタバタ等で、
約1ヵ月後の先日にようやく受取った。
フィルム代、プリント代、CD代、
そして撮影からの時間も考慮すれば、
まさにスローな大人の趣味。

48.JPG

お、まずは写っているのでヨシだ。

49.JPG

50.JPG

しかしモノクロで雪景色はダメだ、
あまり意味が無い (>_<)

51.JPG

さて、東京旅行のカットは次回で!


nice!(0)  コメント(2) 
- | 次の10件 2019-パソコン・AV・カメラ ブログトップ