So-net無料ブログ作成
2019-読書 ブログトップ
前の10件 | -

『龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方』 [2019-読書]

寺社仏閣好きのオレ様に、
さらにパワーアップの情報を与える。
絵図が多く、こんなのが大好物ジュルル~♪

P8310025.JPG

静かに参拝、静かに撮影。
なればカメラは・・・出番ですよね~ (^^)


龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方

龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方

  • 作者: 大杉 日香理
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『アンリ・カルティエ=ブレッソン:20世紀最大の写真家』 [2019-読書]

アンリ・カルティエ=ブレッソンは、
写真という表現ジャンルの巨匠=
=「写真をアートへと高めた男」として有名だ。

PB100023.JPG

有名な表紙の写真 ↑
使用カメラはライカ ↓

PB100026.JPG

ササッとつまみ読みだ (^_-)☆


アンリ・カルティエ=ブレッソン:20世紀最大の写真家 (「知の再発見」双書)

アンリ・カルティエ=ブレッソン:20世紀最大の写真家 (「知の再発見」双書)

  • 作者: クレマン・シェルー
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2009/04/14
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『ライカ物語―誰も知らなかったライカの秘密』 [2019-読書]

『ツァイス・イコン物語』同様に、
これもかなり危険な本だ (^_-)☆

PA230001.JPG

PA230002.JPG

「カメラ」という形を決定づけ、
現在も続く美学に陶酔 (*^_^*)

PA230003.JPG



ライカ物語―誰も知らなかったライカの秘密

ライカ物語―誰も知らなかったライカの秘密

  • 作者: エーミール・G. ケラー
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2008/09/01
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

がるるるる・・・(*^_^*) [2019-読書]

ぐふふふふ・・・(*^_^*)ナニヲタクランデイル

PA110014.JPG

がるるるる・・・(*^_^*)アラタナブキヲテニイレロ


カメラホリック (ホビージャパンMOOK 901)

カメラホリック (ホビージャパンMOOK 901)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: ムック



ライカMLレンズ・ベストセレクション (玄光社MOOK)

ライカMLレンズ・ベストセレクション (玄光社MOOK)

  • 作者: 澤村 徹
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2019/03/04
  • メディア: ムック



Pen (ペン) 「特集:【完全保存版】 ライカで撮る理由。」〈2019年3/1号〉 [雑誌]

Pen (ペン) 「特集:【完全保存版】 ライカで撮る理由。」〈2019年3/1号〉 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2019/02/15
  • メディア: Kindle版



LEICA M デジタルM型ライカブック (玄光社MOOK)

LEICA M デジタルM型ライカブック (玄光社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2014/01/31
  • メディア: ムック



ライカ デジタル WORLD (日本カメラMOOK)

ライカ デジタル WORLD (日本カメラMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本カメラ社
  • 発売日: 2014/12/02
  • メディア: ムック



ライカのレンズ―ライカレンズの描写を徹底追求 (写真工業別冊)

ライカのレンズ―ライカレンズの描写を徹底追求 (写真工業別冊)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 写真工業出版社
  • 発売日: 2000/04/30
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『プロ野球怪物伝』 [2019-読書]

師弟物語のようなドキュメンタリーで、
野村克也と田中将大をTVで観た。
なかなか面白かった所に、
先日書店で見かけた本で再燃だ。

PA060048.JPG

自分の野球好きを再認識したし、
やはり野村克也は面白い d(^^)
最初に大谷翔平のページを、
多く割いていたも今らしくてヨシ。
その書き出しが、
「長生きはするものだーーー」
だもんね (^_-)☆




プロ野球怪物伝 大谷翔平、田中将大から王・長嶋ら昭和の名選手まで

プロ野球怪物伝 大谷翔平、田中将大から王・長嶋ら昭和の名選手まで

  • 作者: 野村 克也
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/09/19
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方』 [2019-読書]

日々研究なりけり=
=備えあればチャンスあり!
図も多く好きなんだよね (^^)

P8310025.JPG

この歳の王道観光万歳 \(^^)/




龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方

龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方

  • 作者: 大杉 日香理
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『走って、悩んで、見つけたこと。』 [2019-読書]

MGCまで一週間!
親子で大迫傑選手を応援すてます。
「信じた道=孤高」とさえ突き進む爽快感を。


ゆえに本もヨカタ。
ブレない姿勢がカッコよし!

P8310022.JPG

エンジのWですなぁ・・・(^。^)y-゚゚゚




走って、悩んで、見つけたこと。

走って、悩んで、見つけたこと。

  • 作者: 大迫 傑
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『いけない』 [2019-読書]

帯は大袈裟だ。
むしろ無い方が素直に読めたかも。

P9040013.JPG

帯に期待させられ過ぎた?
ので、ふ~ん、ではあったが、
最後の写真も物語の一部として、
なかなか手が込んで面白かった。


いけない

いけない

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/07/10
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

お笑い好きとして [2019-読書]

『平成お笑い史』は、
一般教養として良書だったかも。
あの事件が「曲がり角」か、と (^^)

『とんねるずとめちぁ・・・』は、
時代が求めるものの変遷に、
諸行無常を感じてしまう。

P83000161.jpg

とんねるずが好きなので、
ビデオで愉しもう (^o^)/







教養としての平成お笑い史 (ディスカヴァー携書)

教養としての平成お笑い史 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: ラリー遠田
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2019/03/14
  • メディア: 新書



とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 (イースト新書)

とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論 (イースト新書)

  • 作者: ラリー遠田
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2018/08/10
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

『将軍の子』 [2019-読書]

名君・保科正之の来歴を爽やかに描きだす。
生まれた直後に養子に出された、
徳川秀忠の庶子、保科正之。
不遇にも見える生い立ちの陰には、
彼を思いやる多くの人々がいた。
養母となった武田信玄の娘、見性院。
人徳の高さを買われ、
養父となった高遠藩主、保科正光。
そして陰に日向に力になってきた老中、土井利勝。
江戸城の外で育った「将軍の子」は、
いかにして稀代の名君と呼ばれるに至ったのか。
今もっとも注目される歴史時代小説の新鋭が、
その半生を辿る。
[Amazon商品紹介より]

P8220003.JPG

好みでは無い短編集だが良かった。
他の小説でも保科正之が登場すると、
ピシッ!と締まるんだよなぁ (^^)

徳川幕府安定化期を支えた名君は、
高遠藩から山形藩、会津藩と遷り、
会津磐梯山の麓に眠っている。
 → オレの神社!・・・土津神社

また会津へ行きたくなったぜ (^^)


将軍の子

将軍の子

  • 作者: 佐藤 巖太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 2019-読書 ブログトップ