So-net無料ブログ作成

仙台で「黄金のファラオと大ピラミッド展」を観た [歴史・時代・戦国もの]

いつか行ってみたいなエジプト~♪
ピラミッドとスフィンクス、
悠久の歴史ロマンがオレを呼んでいる~♪

87.jpg

そして世界三大秘宝のひとつ、
ツタンカーメンの黄金のマスクを観た~い ♪
(ちなみに他のふたつは、ミロのヴィーナスモナ・リザ

91.jpg

歴史ロマンかき立てる世界に、
相変わらずいつもアイドリングOK。
  → ツタンカーメンの黄金のマスク(カイロ考古学博物館)
  → 吉村作治のエジプトピア
  → 祝!ツタンカーメンの黄金のマスクが再公開!
  → ツタンカーメンの黄金マスク、あごひげの修復完了

大昔オレが小中学生だった頃に、
ツタンカーメンの黄金のマスクは来日したことがあるが、
今は盗難防止のために、エジプトを出ることはなく、
観たければ現地に行かねばならん。

88.jpg

そんな昨今で、
「黄金のファラオと大ピラミッド展」
が仙台市で開催中なので田植えが終わり猛進!
仙台市博物館で6/26(日)までなのだ。

71.JPG

そこでお初の仙台市博物館へ。

72.JPG


73.JPG

世界一のエジプトコレクションを誇る、
国立カイロ博物館の膨大な収蔵品の中から、
黄金のマスクやクフ王の銘が入った彫像など、
100点あまりのエジプトの至宝を展示されているとのこと。
エジプトでしか見られないコレクションを一挙に公開!

74.JPG

オレの最大の目玉は、
ツタンカーメンの黄金のマスクと並ぶ、
3大黄金マスクの一つである、
「アメンエムオペト王の黄金のマスク」だ (*^_^*)
何でも21年振りに来日らしい。

75.JPG

76.JPG

まずはわくわく♪しつつ、その特別展へ。

77.JPG

う~む、う~む、う~む。
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
[ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート][ハート]
ほほう、ほほう、ほほう。
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まさにエジプトの香りぷんぷん♪の、
数々のお宝に痺れまくり。
メンカウラー王のトリアードや彩色木棺も良かったが、
やはり「アメンエムオペト王の黄金のマスク」だ。
約1mmの薄い黄金の板を、
打ち出して成形した職人工芸感が素晴らしい。
最後の4K映像シアターも締めに良かった d(^^)

90.jpg

心地好い感動の興奮で会場退出すると、
よくある記念アイテムが。
オバちゃん一行が愉しそうに・・・思わず笑ってしまった。

79.JPG

後日見つけたが、仙台の前に東京でも公開されたらしく、
オフィシャルサポーター・ファラオ春日も被った?

80.jpg

さて次は常設展へ。
実は以前より訪問したかったは、
伊達家の宝物を目当てにしていたのだ。

81.JPG

伊達政宗の有名な三日月黒甲冑が当館所蔵のはずだが、
展示はピカピカなレプリカだったことが残念 (ノД`)

82.JPG

仙台城模型は良かった=こーゆーの好きなので。

83.JPG

天守閣の無い仙台城だが、
当時既に徳川の世が確定していたので、
「俺たちは逆らいませんよ~」
との意思表示で作れなかったらしいとか。

84.JPG

そんな歴史散策妄想に浸ったのみで、
他の展示物は今ひとつ心に響かなかったかも。
黄金のマスクの興奮の後だったからか・・・(-_-)

85.JPG

まずは知的好奇心を多いに刺激させてくれた。
んで帰宅後はエジプト本をポチッたオレだ (^_-)v

86.JPG

ところで、その興奮記念に売店を物色していたら、
雑踏に紛れて、かすかにオレの名前が、
何となく聞えた、呼ばれたような気がしたので、
ふと振り向くとお友達ではないか!?
現在3号が通う米沢市の歯科医=同級生。
まったくビックリしたなぁ~(゜o゜;

78.JPG

まずは悩みに悩んでの記念品。
パピルス栞は読書家必須アイテム ヽ(゜Д゜)ノ

いつか行きたい=備えあればチャンスあり。
たまに勉強しておこう (^_-)
待っていなさいツタンカーメンの黄金のマスク (^_-)

89.jpg

それまではタイガーマスクで、
レース復帰がミッションのひとつでもある。(?)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント